サイトマップを備えた独自404ページで、ユーザーへの心配りを

最近、当オフィスによる事例として(株)エスユーホームズ様のウェブサイトをリニューアル納品いたしました。

こちらの会社様はブログ投稿や写真などのギャラリー等も必要ないとのことで、静的ホームページとして納品したのですが、いざ納品してみて良く考えると困ったことに。

インデックス情報がいまだ旧サイトのままであることから、検索エンジンで表示された検索結果をクリックしても、旧サイトのデータは現在サーバー上にはないことから「404エラーページ(ページが存在しない)」が表示されてしまうのです。

この404エラーページは、一般的にはレンタルサーバー会社側で用意したページが表示され、ロリポップの場合下記画像のようなページが表示されます。

ロリポップ404エラー画面

しかし、これはあまり好ましくありません。なぜならば、せっかくアクセスしてくれたユーザーはがっかりですしイメージダウンですし、面白味に欠けます。

また、この404エラーページが表示されたユーザーは直帰すること受け合いですし、心配りが足りません。

従いまして、せっかくアクセスしてくれたユーザーを逃さないためにも、404エラーというイメージダウンをプラスに変える方策として、サイトマップ付きの独自404ページを作成し設置する事を思いつきました。

ワードプレスの場合はサーバー設定不要で404ページを結構簡単に用意できますが、今回は一からコーディングした静的ホームページ。ユーザーが存在しないページをリクエストすると当方で用意した404ページが表示されるように.htaccessファイルでサーバー設定したわけです。

.htaccessの作成や設置方法はレンタルサーバー会社のマニュアルがあるので結構簡単です。

これなら、新たなリニューアル後のウェブサイトの全体像も掴みやすく、ユーザーも気を取り直し、元々アクセスしたかった情報にアクセスができます。そしてなによりユーザーを逃さない(直帰させない)で済むのです。

普段は何気に考えていた404ページですが、このような場面においては便利だし、ちょっとしたした心配りにつながるサービスだと思いました。

せっかくご注文頂き納品するわけですから、最後まで気を抜かず、お客様のイメージダウンにはならないような心配りをしたいものです。

ロリポップにおける.htaccessファイルの設置方法マニュアルはこちら。

https://lolipop.jp/manual/hp/htaccess/

そして新たに作成した404ページの全体像がこちら。

404エラーページ事例

“サイトマップを備えた独自404ページで、ユーザーへの心配りを” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です