サイテーションシグナルを活用しよう – SEO対策

ブログや記事投稿を活用して検索エンジンでの上位表示を目指しておられる方々、外部対策としてサイテーションシグナルは活用しておられますか?

そもそも、検索上位を狙うどころか、検索インデックスすら進まない等、それ以前の問題を抱える方も多いのではないでしょうか?

ホームページ自体に何か問題があるのであれば改修すれば改善される事も多いのですが、サーチコンソールに登録してホームページの存在を知らせ、ホームページに問題もなく、サイトマップも取り入れる等、適切に最適化しているにもかかわらず、検索上位はおろかインデックスすらままならないケースもあるかと思います。

この膠着状態になりますと私達ウェブ業者もどうしようもないのです。

何故なら適切な設定を施して納品はしているからです。そして、原因として考えられるのは認知度不足が考えられます。

でも、「お客様からすると何故なんだ?」と疑念を感じる事でしょう。

しかし、施策がないわけではありません。今回お伝えする施策は、あくまで「改善に向けた取り組み」なのであって結果を保証するようなものではありません。

通常のビジネスや業務、仕事においても現状の問題点を洗いだし、改善策を検討して実行し、結果を再度確認する。この繰り返し作業を行い業務改善を図る筈です。

いわゆるPDCAサイクルというものです。

この考え方が理解できずに結果のみ求めるタイプの方はこのブログはスルーして下さい。と言いますか、検索結果において上位表示を実現し、営業に結び付けるのは難しいと考えます。

サイテーションシグナルとは

過去のブログにおきまして、検索結果の順位は人気度的な指標に左右される事は既にお伝え致しました。

そしてこの人気度を図る指標は、トラフィック数やサイト滞在時間、被リンク(バックリンク)の数等であります。

最近では、上記指標以外にも、グーグルさんはサイテーションシグナルを指標として取り入れているのではないかと言われております。

そして、サイテーションとは、ウェブにおきましては「言及」を意味します。

そしてウェブ上でのサイテーション数、つまり言及された数の多さ(シグナル)でそのキーワードの価値を図っているわけです。

例えば様々なサイトやブログ上で「○○○事務所」や「△△△コンサルティング」等の言及が増えれば、より多くの方に認知された会社なんだな、と推定されるわけです。

現在では、他人のホームページからリンクされていなくとも、ウェブ上で自社ブランドに関し、ただ言及がされるだけで一定の評価を受けられるのです。

従いまして、流入数やバックリンク数を増やすだけではなく、サイテーションシグナルを上げる施策も合わせて実施したら良いと思います。

サイテーションシグナル対策 – プレスリリースの実施

ウェブ上での言及が増えるという事は、自社ブランドが話題になっているという事の現れです。つまり話題性が必要なわけです。全く話題性のないブランドや商品、取り組みが言及されるはずもありません。

そして話題性のある取り組みやサービスを日々世の中に紹介してくれているのがメディアです。このメディアを活用するわけです。

メディアを活用するうえで、まずは、他社にはない独自性の高い商品やサービスを考えたり、話題にしたくなるようなユニークな取り組みを実施する必要があります。

そして準備が出来たらプレスリリースします。

実はプレスリリース代行会社というものがあります。ウェブ上で良く知られているのが「PR TIMES」や「バリュープレス」等です。

世の中のメディアやプレス社は、実はこのようなプレスリリース代行会社等からニュースソース等を買っています。プレスリリース代行会社は、様々なプレスやメディアに情報を提供しているのです。

そして、提供されたプレスリリース情報の中から、もしかすると、どこかのメディアやプレスに採用される(言及される)事もあるのです。

しかし、大手のプレスリリース代行会社は1回の配信につき3万円~の料金設定です。ただし、配信先のメディアやプレス数は何百社とか何千社といった規模になりますので、それだけの効果は期待できるかもしtれません。

有料以外にも完全無料のプレスリリース代行会社も存在します。ご予算のない方はこちらを使うしかありませんね。無料ではありますが、残念なことに配信先メディア数が20件とかに限られてしまいます。

※無料のプレスリリース会社

PR-FREE(ピーアールフリー)

DirectPress!(ダイレクトプレス)

ぷれりり(PRERELE)

HARMONY PRESS(ハーモニープレス)

このようなプレスリリース会社を活用することでサイテーションシグナル数を増加させることができます。

その他のサイテーションシグナル対策 – ポータルサイトを活用する

検索エンジン以外にもユーザーが情報を探す場所があります。それは、ショッピングサイトや比較サイト、口コミサイト、業種別ポータルサイトや地域情報サイト等です。このようなポータルサイトに登録掲載され、露出を増やせば、より多くの他社サイトに掲載されることになります。

以上のような取り組みを行うことで、ウェブ上での認知度が向上し、よりクローリングが進むことにつながるのではないでしょうか。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です