ブログで検索上位を狙うには – SEO対策

1.まずは仕組みを知る

検索結果に表示される順番にはルールがあります。意味もなくランダムに表示されている訳ではありません。

では、どのような根拠に基づき検索順位は決まるのでしょうか?

簡単に言うとそのブログの中身で決まります。内容が優れたブログをユーザーの目に止まらせるべきだからです。

では、それは何故なのか?

ウェブは表現の自由に資するツールだからです。

ウェブを使う事で世の中にとって為になる情報や自身の意見等を自由に発信できる事から、それによる世論形成等、公益上とても良い効果につながる訳です。

だから、世の中にとって利益となる、つまりは公益に資するような記事、ブログが求められます。

そして、検索エンジンの事業者は、公益に資するべく、内容が優れた記事を有するページを上位に表示されるようにしているのです。

でも、実際には優れた記事を多数投稿しても結果につながらない事が多いのが現実です。

さらに何故か?

世界中に拡がるウェブの世界には無数のウェブサイトが存在しており、一つのページ毎に内容を人がチェックしている訳にはいきません。

なので、実際にはクローラやボットと呼ばれるソフトウェア(ロボット)を用いて検索エンジン事業者は情報を収集しているのです。

そして、どのようなアルゴリズムで記事の内容の優劣を判断しているかと言いますと、有用なページであるかどうかは、人が実際に見て判断しているのではなく、先のロボットで、被リンクの数、流入トラフィックの頻度、滞在時間等から、有用な情報を発信しているウェブページかどうかを判断していると言われています。

・たくさんのページからリンクされている → 中身が良いから人気があるんだろう ⤴️⤴️
・訪問者が多い → 中身が良いから人気があるんだろう ⤴️⤴️
・滞在時間が長い → 複数のページを閲覧したから滞在時間が長かったんだろう → 中身が良いからだろう⤴️⤴️

ですので、上位表示させるには、流入トラフィック数を増やす、被リンクを増やす等の方法を考えた方が良いのです。このような人気度的な要素で検索順位は決まります。

2.ブログタイトルを工夫する – トラフィック流入数を増やすために

とりあえずブログが検索結果に表示されるが、順位が上がらない場合は、タイトルを工夫してみましょう。

先に説明したとおり、人気度的な要素で検索順位が決まる訳ですから、検索結果に表示されたリンクからユーザーが訪問する数を増やす必要があります。

つまりは、検索結果に表示されたページリンクをクリックして貰う必要があるわけです。

自分より上に表示されているページを追い抜いて上位を目指すには、自分より上のページよりもクリックされる機会を増やす必要があるのです。

私のブログで分かりやすい例があります。

“addeventlistener ie11”

この2つのキーワードでグーグル検索してみてください。私のブログが1~3位前後に表示されている筈です。

そして、私のブログや私のブログと1位を争うブログのタイトルをよく見てほしいんです。

結論が分かりやすく端的にタイトル化されていませんか?

検索して情報を求めるユーザーは、単純に結論・結果を求めているのです。

だから、ユーザーが何を求めているのか(ニーズ)を良く考えて、タイトルを考えましょう。

それにより情報を求めるユーザーがクリックしやすくなります。

3.ブログの中身も工夫する – サイト滞在時間を増やすために

せっかく検索結果から訪問してくれたユーザーですから、そのまま帰してしまうのは惜しいんです。

せっかくだからユーザーの滞在時間を延ばす努力もするべきです。

まず、サイト滞在時間の計算方法ですが、グーグルアナリティクスの滞在時間等を見ると「0時間:0分:0秒」と表示されていませんか?

一瞬だけ訪問があったのか?少し違います。

この理由はサイト滞在時間のカウント方法に起因します。

サイト滞在時間はユーザーが最初に着地したページのみ閲覧して直帰(別のサイトへの移動やブラウザを閉じた等)したのみの場合は時間がカウントされないからです。

ユーザーが着地したページからさらにウェブサイト内の別のページへと移動した場合にのみ着地時点から滞在時間がカウントされる仕組みなのです。

ですから、サイト滞在時間を延ばすには、ユーザーが着地したページから、さらにウェブサイト内の別ページへと読み進めてくれる必要があります。

その工夫としては、関連記事を表示する等です。

最初にユーザーが着地したブログ記事の最後に、そのブログ記事と関連するおすすめ記事のリンクを張るのです。

これによりユーザーが別ページへと読み進めやすくなるのです。

4.SNSや他ウェブサイトとの連携機能を活用する

SNSと連携する機能(OGP)や他サイトと連携する機能(oEmbed、オー・エンブド)がウェブにはあります。このような機能をウェブサイトに追加改修することで、記事が目に留まりやすくなり、トラフィックの向上につながります。

また、SNSシェアボタンを配置しましょう。先のOGP機能と組み合わせる事で、ユーザーが、SNSにシェアしやすくなるのです。

5.ブログ記事の内容もおろそかにしない

検索順位は実際には人気度的指標により決まると書きましたが、だからと言って記事の中身はどうでも良いかと言うとそうではありません。

せっかく訪問してくれたユーザーの為にも、良い記事を書くべきです。

また、中身をおろそかにすると、それ一回きりの訪問となってしまい、繰り返し訪問をしてもらえません。

結果、トラフィックの逸失に繋がります。

以上、ブログ記事で検索順位を上げる方法でした。

【関連記事】

“ブログで検索上位を狙うには – SEO対策” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です