ホームページの製作費が数十万円と数万円、その違いは何だと思いますか?

当オフィスにおいて、ホームページ制作にかかるご提案書を提出する機会もありますが、たまに苦情を承ることがあります。その苦情の内容というのが、

「別の業者の見積書はうん十万円だった」、「何でこんなに金額が違うのか?」、「うん十万円の金額の根拠は何?」等、

おおよそ私に言わせると、これらの類の苦情は大変理不尽なものであります。何故なら、私がうん十万円をご提案しているわけでもないのに、別の業者様のお見積書や金額、業界への立腹や不満の表明だからです。

それでも私は落ち着き払い、

「そのお見積書の内容(内訳)がわからないので一概には何とも言えません」

等と、なるべく同業他社様の営業の邪魔にならないように配慮した回答を心掛けております。

そして、そのように配慮した回答をしているのは、平和主義とか、事なかれ主義等の理由ではありません。

そもそも、数十万円と数万円の価格差があるのは別に何もおかしいことではないからなんです。そのことに立腹や不満をお持ちなのが間違いだからなんですよね。

だって、価格なんていくらで見積もって提示しようがその業者様の勝手ですよ。

極端な例で言うと、1個100円の消しゴムを100万円で売ったっていいんです。何かの法令に抵触しますか?

結局はそんな金額で売ったって誰も買う人はいないだけであって、別に何も問題はないと思うんです。

ただ、状況如何によっては問題となる場合はあります。

例えば問屋との私的契約において売価が決まっているとか。このような場合は見積金額に制約を受ける事はあります。

また、消費者を違法に錯誤に陥れて販売したとか、消費者を誤認させたりとか、消費者法令に抵触するような場合も問題にはなり得ます。

しかし、上記のようなケースに該当しない範囲内であれば、いくらで見積もろうと業者の勝手なわけです。

しかも、まだ見積書の提示を受けた時点なのであれば、消費者に選択権があるわけですし何も問題は生じていません。金額が気に入らないとか、費用対効果がないと思うのならば、その業者を選ばなければ良いだけですしね。

書画骨董だって、それを見る人によって価値が変わるんです。そもそも根拠に基づく裏打ちされた価値としては、土の値段や工数手間を見積もればたかが知れているけれども、その人の見る目、価値観によっては数十万円とか数百万円とかの値が付く物もあるわけです。

そもそも人によって価値観が違えば、事情も異なるわけで、結局のところ妥当な金額とはその人の価値観や事情に左右されるものです。

大口取引先との関係から数十万円の業者を選ばなければならないのであれば、その人にとっては数十万円の業者を選ぶのが得策であり、値打ちがありますし、その金額が妥当な金額なわけです。

何度も言いますが、結局は、その人自身の価値観や事情によって物の価値は異なります。そして、どちらを選ぼうとその人の自由です。

うん十万円のホームページが高いと感じる方は、当オフィスのような格安の業者を是非ご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です