WooCommerceでECサイトの構築 – おすすめテーマ「Lightning」

woocommerceアイコン

別のブログでも書きましたが、WooCommerceプラグインは海外製プラグインであるという点のみを除けば、誰もが簡単にECサイトの構築が可能なプラグインであるという点に間違いはありません。

ただし、ワードプレステーマとの相性があります。

相性の良いテーマを選定すれば、誰もが簡単にECサイトの立ち上げが可能なプラグインです。

そして、最も相性の良いプラグインは、ワードプレス公式テーマ(twenty twenty-oneやtwenty seventeen等)です。

これは、WooCommerceプラグイン側で、ワードプレス公式テーマに対してサポートしているからです。

相性の悪いテーマを選ぶと適切に表示されなかったり、動作しない等もあり得ます。

しかし、ワードプレス公式テーマがWooCommerceでECサイトを構築するにおいて最適なテーマかと言うと、そうでもありません。

何故なら、ワードプレス公式テーマは、ブロックやウィジェット等、ワードプレスであらかじめ用意された機能の範囲内でしかデザイン構築ができないからです。

つまり、機能が弱いと言う事です。

そこでおすすめなのが、Vektor社の「Lightning」テーマです。

まず、Vektor社の「Lightning」テーマは、WooCommerceプラグインとの相性が良く、「Lightning」テーマ側でWooCommerceプラグインが出力するデータの最適化が為されています。

そして、おすすめな理由として、Vektor社ホームページでも唄われておりますが、拡張性が抜群なんです。

テーマ自体はシンプルな構成ですが、機能は同時開発の多機能プラグイン(VK All in one Expansion Unit)で強力に拡張が可能なんです。

かつ、「Lightning」テーマは有料版の「Lightning Pro」もありますが、無料版の「Lightning」テーマのままでも、前記拡張プラグインを使えます。勿論、拡張プラグイン自体、無料です。

ExUnitプラグインでは、「PR Block」「画像つき新着記事リスト」「プロフィール」「ボタン」「固定ページ本文」「CTA」「連絡先情報」等、ネットショップを立ち上げるのに便利なウィジェットが多数用意されており、「Lightning」テーマと併せて利用する事によって、コーポレートサイトやお店のホームページ、ブログなど簡単に構築する事ができます。

現在、WooCommerceプラグインでECサイト(ネットショップ)の立ち上げを検討されているのであれば、是非、使ってみてはいかがでしょうか。

Lightning無料版のダウンロードサイト
Vektor WordPress Solutions

Lightning Proの紹介サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です