ウェブを使った集客の仕方 – 地域密着型の不動産仲介業を例に SEO分析-

ウェブは情報の受発信を容易にする有用なツールです。この有用性を生かす事で集客につなげることも可能となります。特に地域密着型のサービスを提供する事業においては最も効果的と考えます。

先日飛び込みで声をかけさせていただいた川崎市内の店舗様を例に挙げて説明したいと思います。

この店舗様はとある駅前でトリミングサロンを併設したペット可専門の地域密着型の賃貸仲介業を営む事業者様であり、ホームページもお持ちでした。

当方で簡単にSEOチェックを行ったところ、検索結果においてトリミングサロンにおいては、「トリミングサロン ○○」や「トリミング ○○」等の「サービス名」+「○○(駅名)」の検索キーワードの組み合わせで検索すると上位表示されている状況でした。


また、地域を近隣駅の「△△」に変えて検索しましても同じく上位表示されておりました。

ただ、地域を「川崎市」等と範囲を広げて検索しますと上位表示されません。

しかし、トリミングサービス等の店舗を探す際に、ユーザーは上記のような「サービス名」+「ユーザーが住む地域」を使用して探すのが一般的かと思います。

検索キーワードの知識としまして、「トリミング」だけで検索をしても一般的には人気のある大手チェーン店等が上位表示されるだけでありまして、地域密着した比較的規模の小さな店舗では太刀打ちできません。

そして、上記のような「トリミング」のようなサービス名だけの検索キーワードを「ビッグキーワード」といいます。

では、地域密着の小規模な店舗が検索結果において上位表示されるためにはどうすれば良いのか。上記「ビッグキーワード」に加えて「地域」を絞ったキーワードを組み合わせたり、別途特色のあるサービスを組み合わせて検索された際に上位表示されるのを狙うしかありません。

そして、「ビッグキーワード」に加えてさらにサービスを絞ったキーワードや地域を絞ったキーワードの組み合わせのことを「ミドルキーワード」や「スモールキーワード」と言います。

地域密着型の店舗において、ウェブを集客ツールとして用いる際には、ユーザーがどのような検索キーワードを用いるかを想定し、また、その検索キーワードにおいても「ミドルキーワード」や「スモールキーワード」に特化するのが定石です。

その点、今回の事業者様のトリミング部門においては、一般的に検索ユーザーが用いるであろう地域に特化した「ミドルキーワード」において上位表示されている点、この事業者様のホームページは集客ツールとして有用なツールとして機能しているといって良いのではないでしょうか。

尚、トリミングサービス部門が上位表示されている要因といたしましては以下のような点が考えられました。

・地域を絞って検索したことで競合サイトが減り、検索表示されやすくなった。
・また、「◯◯」や「△△」地域において競合他社が少ない。
・上記地域に競合他社が存在しているとしても実績という点において地域競合他社に勝っているため。

検索エンジンにおいて、競合他社が多い場合において、どのような要因で検索表示の順番が決まるかといいますと、

・「ウェブマスターガイドライン」に準拠したホームページであること
・ホームページの内容が良質であること

等が考慮され検索順位が決まります。

「ウェブマスターガイドライン」とは何かといいますと、ホームページをウェブ上で公開するにおいては実は最低限のルールがありまして、「グーグル」や「bing」等の検索エンジン事業者が「ウェブマスターガイドライン」というウェブ管理者向けに規定が設けられております。

このガイドラインに反したウェブサイトは検索順位が下げられます。

また、ホームページの内容が良質であるかどうかを「グーグル」や「bing」がどのように判断するかと言いますと、いちいち全てのホームページを閲覧して確認しているのではなく、「アクセス数」や「被リンクの数」が多い、「ユーザー滞在時間」が長い等の情報から、そのホームページの内容はユーザーの興味を引く内容であり、人気のあるウェブサイトであると推定し、検索順位の参考にしていると言われております。

失礼ながら、今回の事業者様のホームページの内容はそこまで充実した内容とはなっておりませんでした。

にもかかわらず、上位表示されるという事は、「そもそも競合他社が少ない」、「競合他社があっても競合他社のホームページ内容も同程度」、「実績数が多いので既存顧客のアクセスが多く、それにより良質なサイトだとグーグルやbingに認識されている」といった理由が想定されるわけであります。

とにかく、トリミングサロンに関しては十分に広告としての役割を果たせていると思われました。

トリミングサービス同様にペット可に特化した賃貸サービスにつきましても、ホームページの有用性を測るべく、検索エンジンを用いて上位表示されるかを調べてみました。

「賃貸 ○○ ペット可」という「サービス名」+「○○(地域)」+「特色」の3つのキーワードの組み合わせである「スモールキーワード」をもってしても検索結果に表示されない状況でした。

つまりこの事業者様はペットに特化した賃貸仲介会社様という点におきまして、競合他社に対し強みがあるにもかかわらず検索結果に表示されないという事は、その強みをウェブにおいて生かしきれておらず勿体ないということです。

一般的に、検索ユーザーが「ペット可」の賃貸物件を探そうと思ったら、上記検索キーワードを用いて探すはずですし、従いまして「◯◯(地域) 賃貸 ペット可」のようなスモール検索キーワードで上位表示されるような対策、改善をすることで、賃貸部門における集客効果も期待できるものと考えます。

しかし、不動産仲介業界においては、大手仲介サイトが乱立しており、また、上記のような地域や特色まで絞った「スモールキーワード」においても大手仲介サイトが上位表示されている状況です。

しかし、その中に混じって大手仲介サイトではない、地域密着の競合不動産仲介会社様もそれなりに上位表示されてはおりました。

従って、対策、改善を施せば賃貸サービス部門のウェブでの検索上位表示も可能と考えられました。

このように検索エンジンの仕組みやウェブマスター関連のガイドライン類の知識があれば、上記のような分析も可能となります。

しかし、現時点において検索上位表示されない状況を改善するには、Plan→Do→Check→ActといったPDCAサイクルを取り入れて繰り返し改善を図っていく必要がありますし効果が出るまでに時間がかかります。また、必ずしも結果が出せると断言できるものでもありません。

しかし、ウェブの検索エンジンには「仕組み」や「各種ガイドライン」等が存在しており、これら知識を知ることで分析を行い、問題点を洗い出し、そしてそれを改善することでウェブを集客に生かす施策を立てることは可能となります。

当オフィスにおきましては、ウェブサイトの作成のみならず、検索エンジンの仕組みを知ることで集客につなげることも可能であることから、検索エンジンの知識を活用したお店作りのお手伝い等もさせていただければと考えております。

是非、ご興味がありましたら一度ご相談いただけたらと思います。