グーグルアナリティクス – 内部トラフィックを除外するには

自身のウェブサイトへのユーザーの流入を計測、分析を行ううえで、グーグルアナリティクスは欠かせません。

しかし、正しい使い方を知らないと正確な分析ができず、単にアクセス数が増えた事に一喜一憂する羽目に陥ります。

アクセス数が増えたからといって、正しい使い方を知らなければ、結果、単に自身の足跡を喜んでいただけだったという事になりかねないからです。

このサイト管理者自身や内部関係の足跡を内部トラフィックと呼びます。

グーグルアナリティクスを導入する際には、正確に情報収集して分析できるように、この内部トラフィックがアクセス情報に含まれないように環境設定が必要です。

この環境設定には2種類の方法があります。

グーグル アナリティクス オプトアウトというアドオンをインストールする。

このアドオンは、ユーザーがウェブサイトにアクセスした際に、ユーザー側にて、アクセス情報をウェブサイト側に開示しないようにする為のものです。

そもそもウェブサイト側で取得できる情報(アクセス情報)には個人情報は含まれておらず、個人情報保護の観点において問題はなかったのですが、アクセス情報を取得したウェブサイト側にこの情報が止まる限りは問題なくとも、このアクセス情報が第三者に提供された際に、その第三者が既に有する情報と合わさる事で個人情報となり得る事から、現在では、ウェブサイトにアクセスする側において、アクセス情報をウェブサイトに渡すか渡さないかを選べるようになったわけです。

従いまして、このアドオンは本来はアクセス解析を行うウェブサイト運営側の為のものではありません。

しかし、先のとおり、ウェブサイトにアクセスした際に、ウェブサイト側にアクセス情報を渡さなくする機能がある事から、アクセス解析する側において、自身の足跡を除外する目的でも利用可能なわけです。

ただし、このアドオンはPCデバイスでしか使えませんので、スマホやタブレット等のモバイルでウェブにアクセスした際の足跡は除外できません。

②グーグルアナリティクスのフィルタ機能を使う

これはデバイスに関係なく、あらかじめ自身に固有な情報(IPアドレス)やユニークな情報(モバイル端末モデル名等)を指定しておき、その情報に一致するアクセスの情報は計測しないようにする事ができるものです。

最も一般的にはIPアドレスを指定する方法です。IPアドレスとは、インターネットにアクセスする際に、アクセスに使用するデバイスに割り振られる番号です。

このように、IP アドレスはデバイスに固有の番号である為、自身の足跡を特定しやすい事から、グーグルアナリティクスのフィルタ設定に良く用いられます。

しかし、このIP アドレスは万能ではありません。

例えば、企業等ですと、社内イントラネットが整備されており、このような環境では、各末端端末には固有の変動のないIPアドレスが割り振られる事が多いのですが、普段スマートホンを使用したり、公共wifiを用いてインターネットにアクセスする際にはIPアドレスが変動する場合が大半なんです。

ですので、IPアドレスでフィルタ設定するのも万能ではありません。

他にはユーザーに固有の情報はなく、あとはなるべくユニークな情報を用いてフィルタ設定するしかありません。

ちなみに、私の場合はモバイル端末のモデル名を使っております。

とにかく、グーグルアナリティクスを用いたアクセス解析をするにおいては、内部トラフィックの除外をした方が、より正確な分析に繋がりますので、内部トラフィックは先の方法を参考に除外しておくようにしましょう。