ウェブサイト構築にワードプレスのような動的CMSを用いるメリット

ホームページの種類にも静的ホームページと動的ホームページという考え方、分類があります。

HTMLコード

まず、旧来のホームページは、ホームページ作成の基本的なコンピューター言語であるHTML言語(ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ)のみで作成されており、HTML言語はタグと呼ばれる命令をテキストエディタ等で記述し、それをブラウザが1行ずつ読み込んで記述された命令通りの表示をするというものでした。

例えば、

<h1>これはタイトルです。</h1>

と、HTML言語で命令を記述したとすると、ブラウザはそのとおりに、画面上に表示してくれるわけです。

しかしこの場合、テキストエディタで記載した内容は、固定の、決まった内容でしかなく、条件に応じた動的な表示はできませんでした。

これが、HTML言語で作成されたホームページは静的ページであるという理由です。

この静的ページの問題は、装飾やユーザーインタラクティブなユーザーの興味を引くようなページを作成できないばかりではなく、ブログ投稿やニュースリリース等のような定期的にコンテンツを追加したり、修正したりといった事が難しいという問題があります。

PHP言語イメージ画像

しかし今の時代ウェブの世界には、先の静的ページに動的な変化や装飾を付加するべく、ウェブの世界に特化した様々な言語が開発、規格化されており(Javascript等)、また、条件に応じて先のHTML言語で記述されたコードを書き換えたり、HTML言語に変数や関数の概念を取り入れる事を可能にした言語(PHP言語)も存在し、より複雑に、リアルタイムに、変化に富んだ、高機能なページの構築が可能となっております。

このような高機能、高知能な言語達は、データベースとの連携も可能としており、先の静的ページの問題である投稿やニュースリリースのような、定期に追加や編集が必要なコンテンツも容易に盛り込む事を実現してくれます。

それは、これだけの高機能、高知能な言語ともなると、ワードプレスや無料ブログサイト等のようなコンテンツ管理画面(CMS)をも構築できるものであり、あらかじめこの管理画面で投稿記事やメディア、各種設定をデータベースに保存し、ユーザーの任意に画面に出力させる事を可能にするばかりでなく、ウェブページを高機能、高知能言語で作成する事で、データベースに保存された記事やメディア等を条件に応じて表示させる事が可能だからです。

そしてワードプレスは、この高機能、高知能な言語であるPHP言語で大分部が構成されたCMSであります。

リアルタイムな社会

刻々と変化する時代において情報を発信するには、その変化に応じて情報を発信する必要があります。

この変化に対応できないような柔軟性に欠いたウェブサイトでは事業に特化させる事が難しいわけです。

従いまして、今の変化に富んだ時代における情報発信のツールとしてウェブサイト構築するのであれば、ワードプレスのような高機能・高知能言語を用いた動的CMSを用いるべきと考えます。

また、先のとおりワードプレスはPHP言語で大部分が構成されたオープンソースのCMSです。

PHP言語の知識があれば顧客ニーズに応じてワードプレスに機能を追加する事も可能です。

当オフィスでは、このワードプレスを用いたウェブサイトの構築やホームページ作成を主としております。

是非、お問い合わせお待ち致しております。